ブログ運営

ビッグワードと闘わない!検索意図で作るニッチな世界とその需要

弓を引く天使

ネットを徘徊していたら偶然見つけたものに「ん!!?」ってなったのでお届け☆

お散歩大事だよ!

散歩する少女Pezibear / Pixabay

遊びまわってるわけじゃないんだよ!!

ちゃんと情報収集してるんだよ!

シロネ
シロネ
何故そんな必死・・

その名も「ニッチに刺さるSEO対策」

針と糸monicore / Pixabay

もえろぐさんの

にあったんですが


 

「頭の良い人は思いつかない」が衝撃でしたね
「検索する人の頭が悪すぎて」は置いておいて、「検索文章が具体的過ぎて」
は、やりがちでした

だって絞り込まんと欲しい情報得るのに時間掛かるやん・・・

 

いやこの検索の仕方、私普通にやってたんですけど・・・

私からしたらこの「文章で打ち込んで検索する」って普通のことと思ってたんですよね

草原を走り回る少女
2018年12月初心者が1ヶ月でゆるく更新してアドセンス審査合格2018年ももうすぐ終わりですね! そんな年末にどさくさに紛れて一人の初心者ブロガー(もどき)がGoogleアドセンス審査に合格い...

で書きましたけれど、私検索するときって「文章」打ち込む派なんですよ

だって、ちょっとしたニュアンスとかが違うと困るじゃないですか
求めてる内容と全然違うのがいっぱい表示されるから

なるべくそれらを振るい落とすためにも検索窓には「文章」派だったんです

だから、みんなも文章で打ち込んでるんだとてっきり思ってた

そしたらタイトルをつける例とかが「ラーメン おススメ」「SEO 最適化」
とか、みんな随分シンプルに検索されてるじゃないですか

目から鱗でした

えっ!!!その2文字で必要な情報手に入るの!!?

全部開いて回るの大変じゃない?!みたいな

切羽詰まった人がとち狂って検索窓にぶち込む言葉」

みたいなものがニッチワードだとすると、私はどれだけとち狂っていて
無自覚に切羽詰まった日々を送っていたのだろうか・・

ライバル不在なところを狙う

この記事を書く前に、このタイトルのワードの組み合わせなら
ライバル不在だろう!と思って書いたのが1本あるんです

検索結果みたら、うん、ここなら誰も来ないだろう

いやそれニッチ過ぎなんじゃない(爆)

ライバルもいないけど、読む人も居ないんじゃない(爆)

草Alexas_Fotos / Pixabay

このたくさんの草をみてください

(wwwwwwww)って書きたい代わりです

って、だめですよー!!!

誰もいないところに行って書いちゃだめですよー!

そのやり方もありっちゃありですが・・・

ニッチってそういう意味じゃなくて、レッドオーシャン(激戦区)ニッチ(隙間)
を狙おうって話です

検索意図に沿ったタイトルにすると、扱ってるテーマ(内容)が一緒でも
その(長い文章のような)言葉を検索して辿り着く人もいる

それを拾おうっていう話☆

シロネ
シロネ
そこのアカネ
アカネ
アカネ
ハイ・・・

まぁいろいろやってみるのです

終わりに

しかし書いておいて、今日の記事タイトルには全然そういうの意識してない
↑眠さに負けている

このタイトル…キーワード何?←自分で理解してない

できるときにまたやる!

 

私がやってた検索方法がニッチそのものだとしたら
そのやり方で記事を書いていけば・・・・もしかして・・・・もしかすると・・・

 

シロネ
シロネ
要は素でやったらいいんじゃない?
アカネ
アカネ
ヒントありがとう