迷い

【運営1年弱】ブログって続けた方がいいのかわからない【累計Ads1000円】

花にとまるてんとう虫

 

通っていた教習所で免許がとれて、ひと段落ついたので復活。

しかし、久々のブログ。

ちょこちょこアナリティクスみてたけど、意外と接続あったんです。

私にしては という感じなので、多分他の人なら接続があるうちに入れないかも知れない。

アカネ
アカネ

私がそれでいいなら、それでいいんだよ

人によってはブログ閉鎖して、他のことするんじゃないかな。

 

しかし、ちょいちょい長い時間読んでくれたりする(滞在時間が長い)貴重な方が居たりして。

なんていうかな、必要とされているのを感じ・・

必要とされているのかはわからないけど(謎)

可能性があるとそれに思いを馳せたくなるのが人間なのかな。

もともと物を書くのは好きだし。

 

「こんな風にして、こういう形で」って制限されると苦手だから、あんまり固くならずに続けたらいいかなぁ。

運営一年、累計アドセンス1000円。

時間とお金nattanan23 / Pixabay

一年弱運営して、アドセンス1000円貯まってました。

これも、人様によっては収入にも感じないような小銭。

私にとっては、初心者がよくわからず書いたもの。

読んでもらえて、小銭になってうれしい。

lavnatalia / Pixabay

なんていうか、私の後ろでゲームしてる旦那のように。

気楽に画面つけてぽちぽちぽちと無心に戦い続けれるくらい成長したいなぁ。

 

ブログを続けるのは何のため?

頭を抱えるPCの前の少女nicolagiordano / Pixabay

「続けたほうがいいのかわからない」

って記事を書くくらいなら、いっそやめるのも正解

限られた一生の時間を何に使おう。

でも、迷いながら続けるのも、それもまた正解

こうして書いてる間は楽しいんですよね。

 

パソコンを起動するのが億劫なだけで。

寝てる猫congerdesign / Pixabay

なにもしたくないにゃん

 

仕事(本職)だって、やめようやめよう やりたくないやりたくない と思いながらし続けて、10年超え。

迷いながら続けて、そのときはそこにいるしかなくて。(今も居るんだけど。もうすぐ産休)

迷って迷って、悩んで悩んで、その結果得たものがあって。

結果、よかった。

 

でも苦しかったから、続けたくはないな(爆笑)

笑顔のイラストraphaelsilva / Pixabay

 

ブログを書くメリット「考えが整理される」

今日の晩御飯が思いついたぞ

こうしてPCをカタカタしてるうちに、今日の晩御飯を思いつきました。

でかしたぞ自分。

  1. 冷凍室に入れてある半額で仕入れた(500円)カルビを解凍する
  2. 米を早炊きする
  3. スープはクックパッド辺りで検索してわかめスープにしようかな
  4. もらった温泉卵どうしよう
  5. 果物はキウイ

この辺かな。

旦那を見習ってまずゲーム(自分/まずPC)

ゲームコントローラーDG-RA / Pixabay

そうか、家事から始めようとせずに、PCから触ればいいのか・・・・・(閃き)

いつも、やらなきゃいけないことからするからPCが後回しか触れなくなって、それが気になってた。

旦那のフットワークの軽さを見習おう

 

さくっとTVつけてちゃちゃっと戦闘しちゃえばいい。

うん、簡単だ。

まだまだ彼から見習うことはある。

勉強する猫naobim / Pixabay

このフットワークの軽さで適当に何記事か作ってみようかな。

 

幸い私の旦那さんはあまり口うるさい方じゃない。

晩御飯をスーパーやコンビニに買いに行くならいくで、構わない派。

アカネ
アカネ
いや、ちょこちょこ買いに行くと金掛かるねん

できれば避けたい訳さ。

豚もそういう顔してるさ。

白い豚の貯金箱andibreit / Pixabay

妊娠8か月目突入、仕事フルタイムで続行中。
疲れてる日はありがたく惣菜で済ませたりもしちゃうけど♡

月の予算をなるだけ超えてほしくない。つうか余らせたい。そろそろ産休だし。

赤ちゃんにキスする子供sathyatripodi / Pixabay

よしご飯作ろっと。

厨房Free-Photos / Pixabay

 

おわり

ハスの花Devanath / Pixabay

こういうぐたぐたとしたこと書くの、無料ブログとかにした方がいいと耳にします。

しかし、ブログ、わけたくないんです。

そんな時間も余力もないし。

ただ、このカタカタと指を動かしてるのは、何気に気持ちよかったりして。

羽Sponchia / Pixabay

後ろからたまに旦那に画面を覗きこまれるのが恥ずかしいので、背後を警戒しながらだけど。

気晴らしにカタカタするのもいいかもしれない。

何の解決策にもなってない(笑)

 

ただ、小さいころ文章を書きたかった。

エッセイ作家に憧れてたのかな。

実際、エッセイ、少し読んだけど。

他人のエッセイってそんなに面白くない気がして実はあんまり読まない。

本を読む子供mozlase__ / Pixabay