産後の変化

実家からの支援が終了した話【と同時に支配からも解放された話】

かわいい猫

 

実家からの支援が終了した。

理由は2つある。

1つはコロナにより、姉の月給が減らされ、うちに支援する余裕がなくなった。

 

もう1つは母と喧嘩した。

(正しくは自分の気持ちを素直に伝えたら、よっぽど怒ったのか接して来なくなった)

 

アカネ
アカネ
やっと離れてくれた・・・

こちらの気持ちや意思を、伝えても伝えても自分の気持ちを押し付けてくる母がついに、うちに来ることがなくなった。

 

先日LINEが来て

実母
実母
野菜いる?

と聞かいてきたが、支援物資も断った。

 

産後~生後3か月までの間。食糧支援とても助かりました

実家から支援してもらってました。

別にお願いしたわけじゃないのだけど。

 

うちの家族はちょっとがあって、精神的に苦痛を強いてくることがちょいちょいあって。

姉はそういうことをだいぶ卒業したんだけど、母はまだそのど真ん中。

(接し方注意!)

 

支援してくれるが、その分口も多く出してくる実母

口出しと考えの押し付けが強く、でしかなかった。

産後里帰りしていて、何のかんのと煩くて引き留めるのを振り払って一生懸命自宅に戻ってきたんだけど。

アカネ
アカネ
そろそろ自宅に帰るわ

といっただけなのに、

実母
実母
もう少しうちに居なさいよ。

そんなに早く帰らなくてもいいじゃないの。

そんなに帰ろうとするなんて、私のことが嫌いなんでしょ?

と、何故か「自分を嫌っているから帰ろうとしてるんだ」という思考をする。

 

とにかく面倒くさい。

混乱して頭を抱えるPeggy_Marco / Pixabay

 

アカネ
アカネ
(実家より自宅の方が精神的にゆっくりできるし、ただただ、帰りたい)
アカネ
アカネ
いい大人なんだから、自分の感情位、自分で処理してくださいよ・・
アカネ
アカネ
まじ、そういうところが家に帰りたくなった要因の1つでもある

 

母は被害妄想がひどかった。

 

精神科の医師に精神病認定されたのに、

実母
実母
いいえ!私は違う!

と、啖呵(たんか)切って帰ってこれるくらい、ヤバイ人間である。

 

シロネ
シロネ
診断する側もたまったもんじゃない
アカネ
アカネ
家族じゃなかったら、関わり合いたくないタイプ

 

 

とにかく助かったのは事実。今まで本当にありがとう

向こうからしたら「あなたのため」というよりも、離れてほしくなくて支援してくれていた感じだったのだけども。(主に支配的な意味で)

シロネ
シロネ
初孫も可愛かったろうしね

 

助かったのは事実。

アカネ
アカネ
本当にありがとうございました

 

ただ、だからって気持ちを蔑ろにした付き合い方をされたくはなくて

姉はここ数年でだいぶ、結婚したりといろいろあり毒気が抜けたので、純粋に私のためを思って支援してくれてるのがわかるんだけど。

母は、私を支配していたくて物資や言葉をくれる感じで。

 

シロネ
シロネ
自立させないことで、いつまでも必要として欲しかったんだろうね
アカネ
アカネ
でもそういう「物や金が欲しいから」っていう理由で懐かせないと繋がっていられない親子関係って、心が乏しくない?

 

金なり物なり。

それをぶら下げて娘を囲もうとする親ってどうなんだろう。

アカネ
アカネ
好意として、純粋に支援するのはアリだと思うけど、それに支配が加わるのは私はナシだと思う

 

そういう繋がりもあるのかもしれない。

でも、少なくとも私は、一人の人間として親に、私に接してほしい。

これって我がままなのかな。

私も一人の人間として対等に母に向き合ったり、困っていたら助けたりしたい。

親に、一人の人間として対等に接したいなんて、

生意気だ

とか言われちゃうこともありそうだけど。

 

純粋に相手のことを思って付き合わない、自分のメリットしか考えて付き合わない、歪んだ人間関係って。

要は「利用」って形でしょ?

なんかその、気持ち悪い付き合い方をしたくない。

「利用する」ような接し方、そういう人間関係の作り方しかしらないのだ、私の母は。

 

シロネ
シロネ
そこに愛はあるんか?

 

自分が幼いころ、母の他人への接し方が「普通なんだろう」と、同じようにしていたら、ひどく相手を傷つけてしまったことがあった。

幼い私には、それが「相手を利用している」ことと、知らなかった。

 

以前は適当に流していたけど、娘ちゃんに害があるのが嫌で、やめてほしいと思うことを初めてちゃんと声に出して実母に伝えたら、相当怒って接触して来なくなった。

 

初孫に会えなくなるのは可哀そうだから、一生懸命我慢してきたんだけど。

一向に改めてくれる気配はなくて。

まぁ、彼女はそういう人で。

「やめてほしい」ことを伝えても彼女が変えないのは、それは仕方のないことで。

私も我慢する必要はなくて。

自分の気を地を伝えるのは悪くないことで。

私の気持ちを聞いて、最終的に「彼女(実母)がどうするか」決めたらいいことで。

アカネ
アカネ
これでよかった

 

 

おわりに

支援とともに支配からも解放された私です。

以前の支援物資の残りで、細々と生き延びているから、今のところ特別

アカネ
アカネ
困った!

という状況にもまだなっていないのが救いです。

 

母はすっかり交流が途絶えてしまったけれど。

姉は以前のように食材を大量に抱えてくることはなくなったけど、時々手土産を持って来てくれます(貴重な美味しい食料・肉・お菓子等)

 

産後~生後3か月くらいまでは娘も産まれたばかりでとても小さくて、出かけづらいし、かなり助けられたのは事実。

お母さん。あなたのおかげで、娘は大きく育っていますよ。

最近会うことはないけれど、ここで伝えておきます。(ここも知られてはいない)