LINE

【LINE】返信が来なくなるのを防ぐ方法【既読・未読スルー】

この記事では「LINEで返信が来なくなるのを防ぐ方法」をお伝えします

「疑問系で送る」と返信がもらえるのは会話の基本ですが、一定のタブーを犯し続けるとやがて遅レス化し、そのうち返信自体が返って来なくなりますよ

LINEのやりとりで疲れてしまって終わるカップルがちょいちょいいますよね
私も昔はありました(笑)
しかしあれはLINEの使い方を間違っていただけです☆

解決するには表面的で大した効果のないテクニックを用いるのではなく、LINEの本質や人間関係の在り方、そして男女でのアプローチの仕方の「違い」に焦点をあてることです

そうすれば、簡単に返信は返ってきますし、LINEのやり取りで悩むこともなくなりますよ♪

 

人間関係を継続する方法

自分の話ばかりしない

アイラブミーgeralt / Pixabay

自分の話が多い人はどこでもそうですけど、嫌われます

相手の相談なのに最後は自分の話にしてしまう人とかたまにいます

アカネ
アカネ
私もたまにするけどね

そういう人って相手に興味ないんですよね

興味は自分にしかないんです

自分の話にもってっちゃったら、相手に「あなたのこと興味ないです」って、伝わっちゃいます

例え相手に興味ある風にみせてもね?(笑)

 

相手に四六時中LINEしない

24時間AnnaliseArt / Pixabay

Twitterとかの不特定多数に向けてツイートならまだいいですよ

LINEの1対1の状態でロックオンしてしまうと、相手は「返信に迫られる」んです

あなたと話したいと思ってくれてるならまだいいです

が、四六時中話していたら、飽きも早いです

 

会話の幅を広げるために常に情報収集する

情報収集geralt / Pixabay

お互いの成長があって、人間関係は継続していけます

どちらかが成長をやめたら、もしくは両方とも成長が止まってしまったら、どうしてもうまくいかなくなって行きます

成長のために必要な情報収集・それにあてる時間は毎日必要です

それを邪魔してはいけません

そして自分もその時間を確保して本を読み、成長して行かないと幸せは築いていけません

まず自分自身がその時間を確保すること

そうしていたら、LINEする時間も短時間になるかと思います

送る内容にも(要件を先に言うなどして)気を付けるようになります

相手の時間を奪わなくて済むようになり

ずっと相手と新鮮で楽しい会話をし続けることができるようになります

 

[男女別]LINEでのアプローチ方法

ここでは女性と男性に分けてお話します

なぜなら「女性と男性でLINEの使い方は違う」と私は思うからです

女性の場合

自撮りする女性ijmaki / Pixabay

基本、自分からは連絡しない方がいいです

理由は、「相手が私のことを好きで連絡して来ているかどうか」がわからなくなるからです

連絡が途絶えた時は興味がなかった、もしくは興味がなくなったという状況なので、そこから頑張るのは厳しいと思うので私はおすすめしません

その先、相手から大事にされる可能性が低いからです

↑上記の「自分からは連絡をしない」というやり方をされてる方は、まず「返信が返って来ない」という問題からは遠い状態だと思います

返信が返って来ないときって、二人の関係のバランスがおかしくなってるときでもありますから

自分>>>>>>>相手の比率でやり取りしていないか、注意です

偏っていたら、下げましょう

 

男性の場合

男性は好きな相手がいたら積極的に連絡した方がいいです

メールする男性Pexels / Pixabay

そして、LINEをした「目的」を早めに伝えましょう

挨拶したら結論から言うくらいでいいです

 

相手の様子をみたりして、無駄に話を引っ張ったりするのはただの時間の無駄なので

用があって話しかけているのなら早く要件を言ってください

自分が傷つかない程度にさぐりをいれる等で相手の時間をやたらと奪う時間泥棒はおすすめしません

表面ではにこやかに対応してくれている文面にみえても、嫌われているかもしれませんよ

それを避ける為にも、デートに誘いたかったらさっさと誘う等した方が好印象です

女性を誘う・口説くときはまっすぐ行った方がいい

大体女性は心の中で先に結論でていますから、あなたの遠回しな頑張りで答えが変わることなんてありません

変わることがあるとすれば、「ストレート」に誘われたときですね

1回がだめなら、2回

2回がだめなら、3回

そこでダメならさくっと諦めましょう

とにかく意味のよくわからない・相手の時間を奪うLINEをだらだらとし続けると返事がもらえなくなっていきます

目的が「生存確認」なら生存確認で、「デートの誘い」ならデートの誘いで、「要件」をいうこと

大事なことは「会う」ことだと思うので、無駄に相手の時間をとらないよう心がけてLINEすれば、相手に負担が軽くて済みますよ

もしあなたが毎日LINEを送りたいのなら、一回の負担はできるだけ軽く済むものにした方がいいです

相手の時間を奪わないこと!

相手が「毎日」のペースが嫌だったら返信が来ないときもあるかと思いますが、そのときは減らしたらいいですよ

それから会うに繋げたらいいです

 

おわりに

吹き出しgeralt / Pixabay

この記事では「LINEで返信が来なくなるのを防ぐ方法」をお伝えしました

LINEは会うまでの「繋ぎ、生存確認」だと私は思うので、基本そんなに力入れなくていいし、相手を思いやってLINEするくらいで使い方は十分だと思います

「元気?」とかは「自分」を気にしてくれているのが伝わるのでいいと思います

逆に「今日晴れだったね」等の「相手」に興味があるのかないのかわからない、遠回しで何話したいかわからないLINEを送ると、スルー率を格段にあげるだけと思うので、注意です

できればさっさと直球を投げる

「聞きたいこと」をきく

何も聞かないのにLINEしてこられても、

この人なにがいいたいの
暇潰しに付き合わせないで

と、かえって怒り心頭の危険!

 

ただ、LINEで相手に「綺麗な景色をみせてあげたい」と写真を送ることは、相手を喜ばせたい・素敵なものを2人で共有したいという素敵な使い方だと思います

写真をみせたいという「要件」も、相手のこちらを喜ばせようとする「気持ち」を感じるものなら、受け取って嬉しいです

 

相変わらずこちらの本

を参考にした考え方なんですが、まじでこの本は優秀ですゾ

私の人生を良い方向に転がしてくれたのでおすすめの本です♡

LINE

LINE

LINE Corporation無料posted withアプリーチ