料理

失敗した鯛のあら汁を、味を修正して食べました。その結果・・・

魚

 

「吸物用」と書いてある、鯛のあら(頭とか少量の身のセット)をいただきました。

アカネ
アカネ
自分では面倒だから絶対に買おうと思わない類
シロネ
シロネ
身の部分は鯛めしに変身

 

して、頭の部分で鯛のあら汁に挑戦してみました。

 

絶対美味しいと思って大鍋でたくさん作るも大失敗

事前に動画、レシピなどで下処理の注意点をチェックしてました

アカネ
アカネ
動画はどんな感じで洗っているのかわかりやすくていいですね
シロネ
シロネ
参考になります!

 

それなのに・・・臭みが強い!食べれたもんじゃない

あら、思ったのと違う。

アカネ
アカネ
あらだけに
シロネ
シロネ
・・・。

 

お店で食べたことのあるような味になると思っていたんですよ。

あの美味しい味付け!

優しい感じの。

 

しかし、出来上がってきたものは、

アカネ
アカネ
なんか・・・くさい?

 

初めて作ってみたので、そもそもくさいのか、こういうものなのかがわからない。

アカネ
アカネ
いやでもしかしてこれは「くさい」んじゃないか・・・?

 

なんとかならないかと思って私がしてみた対策。

  1. 味噌追加
  2. 酒追加
  3. 出汁が足りないのか?と、出汁追加

 

結果。くさみはとれず。

 

知恵袋にある鯛のあら汁の修正案をやってみた

作ってしまった鯛のあら汁。

具材もたくさん入れてしまったので、処分してしまのももったいない。

アカネ
アカネ
もったいないし、どうにかして食べられないかな?

と、ネットで調べていたら、知恵袋で同じ質問してる人がいて。

 

知恵袋質問者
知恵袋質問者
作ってしまったあら汁、何か味の修正案ないですか?
知恵袋回答者
知恵袋回答者
汁を全部流してしまえばいいですよ
知恵袋質問者
知恵袋質問者
わかりましたぁ♪

みたいなやりとりを見かけたので、

アカネ
アカネ
そうか・・

と思い、挑戦。

 

食べれるようにはなった・・・が、美味しくはない

鍋の具材をざるにひっくり返して、汁を廃棄。

また具材を鍋に戻して水を入れて、出汁を入れて、味噌を溶いて。

飲んでみた。

アカネ
アカネ
んー。飲めないことはない
シロネ
シロネ
思っていた、あの美味しい「鯛のあら汁」からはだいぶ遠い

 

次もし作るならこの方のサイトを参考に

アカネ
アカネ
ここまで徹底して書いてあるとすごい

この方が書いているとおり、出回っている動画やレシピは見た感じ、塩の振り方が控えめ。

 

アカネ
アカネ
ここは、もっとごっそり塩を振るべでしたね!

 

鯛のあら汁、内心2度と作りたくない

下処理。正直どこを洗うかよくわからない

料理人
料理人
洗ってたらわかるよ

料理人のレシピとか見ていたら、どこを洗い落としたらいいかは「洗っていたらわかる」的な風に書いてあるんですよ。

 

アカネ
アカネ
いや・・私はわかりません

なんとなくわかった気がして洗って作ってみたところ、不味かった。

てことは不正解なんだろうなぁ。

 

味噌汁の中で出会う骨やうろこ。特に骨の処理が激むず

洗ってうろこは大体取り除けるんですが、問題は骨。

大きいのは取り除いたつもりでいても、味噌汁(鯛のあら汁)を作ってる段階で、身がやわらかくほぐれてくるのか、食べるときには硬い骨もバラバラに。

アカネ
アカネ
その骨がスープに時々混ざっていてげんなり

 

新鮮なものじゃないときは、よりしっかり洗う

いろいろ調べてみて回った感じ、ベスト回答的なのはここかなと。

シロネ
シロネ
何度も水を替えながら、しつこく洗わないといけなかったみたい

 

もしも私がまた鯛のあら汁に挑戦するときは、こんな風にまず出汁だけ作ってみて、成功したら他の具材と合わせようかな

シロネ
シロネ
問題はど素人には「新鮮さ」が見極められるのか
アカネ
アカネ
正直そこがわからんのよ

いろんな人が書いてくれてるヒントとかをみて、やってみて、あとはきっと経験値が増えれば成功する日が来るかも来ないかもな感じ。

アカネ
アカネ
いい経験したわ・・・(疲

そのうち成功する日がきたらいいなぁ。

シロネ
シロネ
しかし、茹で上がった後に散らばってしまう骨問題がいまいちまだ解決してない

 

おわりに

初めて鯛のあら汁に挑戦するのなら、具材を入れずにまずは出汁の作成からのお試しがおすすめです。

アカネ
アカネ
欲張って大鍋で作るんじゃなかった!
シロネ
シロネ
鯛で出汁(だし)をとるとか、絶対美味しいと思うもんね

普通の料理なら動画やレシピをみたらまず失敗せずに作れるけど。

この「鯛のあら汁」に関しては、経験値も必要と痛感!

 

アカネ
アカネ
次手に入ることがあれば美味しく作りたーい
シロネ
シロネ
・・・。